整形外科このページを印刷する - 整形外科

 整形外科では、骨・筋肉・神経・靭帯・関節など、体の運動機能にかかわる運動器の疾患や外傷を診察、治療します。高齢化社会を迎え、加齢現象による整形外科的疾患は骨折脱臼などの外傷にとどまらず、手・足・脊椎の痛み、変形性関節症など運動器の機能障害を中心に増加しています。生活の質の向上を目指して整形外科医の役割は、高齢化の進行とともにますます重要となっています。私達は、新生児から高齢者までより良い整形外科的治療を適切に提供できるように努力しています。

 特に四肢の外傷一般、関節外科の治療を行い、前十字靭帯損傷、半月板損傷など若年者のスポーツ外傷やスポーツ障害、膝、肩、足の関節鏡視下手術。高齢者の変形性関節症等による股関節、膝関節に対する人工関節手術等の関節外科の治療に積極的に取り組んでいます。

 脊椎・脊髄疾患としては、頚椎症性脊髄症、頚部・腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、など)に対して検査、内服治療等の保存的治療を行っています。

医師紹介

臨床研究部長

日髙 信道 (ひだか のぶみち)

専門分野
整形外科一般
整形外科専門医、身体障害者福祉法指定医、運動器リハビリテーション医、臨床研修指導医
 

整形外科医長

江頭 秀一(えとう しゅういち)

専門分野
整形外科一般
 

整形外科医師

杉原 祐介(すぎはら ゆうすけ)

専門分野
整形外科一般
整形外科専門医


宮坂 悟(みやさか さとる)

専門分野
整形外科一般


松尾 大地(まつお だいち)

専門分野
整形外科一般