眼科このページを印刷する - 眼科

受付は8:30より開始いたしますが、診察は9:00からとなります。

白内障の症状と治療について

白内障とは?

私たちの目玉は、直径約24mmのほぼ球形をしていて、ピンポン玉くらいの大きさです。構造としては、よくカメラに例えられます。カメラのレンズにあたる「水晶体」は茶目(虹彩)の裏側にあり、直径9mm厚さ4mm程度の凸レンズの形(どら焼きのような形)をしています。この「水晶体」が白く濁るのが、「白内障」という病気です。

緑内障とは違うもの?

前は似ていますが、「緑内障」は眼球から脳へつながる視神経が悪くなり、見える広さ(視野)が欠けてくる病気です。白内障とは別のものです。

白内障の原因

眼科
原因として最も多いのは、加齢による変化です。レンズの役目をする「水晶体」は、水晶と名前がついているように若いころは透明ですが、年齢とともに徐々に濁り始め、年齢を重ねる毎に進んでいきます。その他の原因としては、糖尿病やアトピー性皮膚炎などの病気、ステロイドなどの薬剤、放射線、目のけがなどがあり、その場合は若いかたでも発症することがあります。

白内障の症状

カメラのレンズの働きをする「水晶体」が濁るため、最終的には物が見えにくくなり視力が落ちます。初期の症状としては、まぶしい、かすむ、二重三重に見える、以前よりも手元が見やすくなり老眼鏡がいらなくなる、など人によって様々です。
ちなみに、白内障だけでは痛みや充血はありません。黒目(角膜)の周辺が白く濁るのは「老人環」と言って、白内障とは違います。

白内障の治療

目だけの局所麻酔(点眼麻酔や注射)でおこないます。濁った「水晶体」を取り除き、新しいレンズの役目をする「眼内レンズ」を目の中に固定します。「眼内レンズ」は一旦挿入したら取り外しの必要はありません。

また白内障になるの?

手術では、「濁った水晶体=白内障」の全体を取り除いてしまうので、また同じように白内障になることはありません。ただし、眼内レンズの固定に、水晶体の外側の透明な袋(嚢)を使用している場合は、年齢とともに袋が濁ることがあります。自覚症状としては、かすみや視力低下など白内障と同じであり、病名も「後発白内障」と呼びますが、袋だけの濁りのため手術の必要はなく、外来でのレーザー治療でよくなります。

当科でも白内障手術をおこなっております。白内障に限らず、目の症状で気になることがございましたら、是非お越しください。

医師紹介

眼科医長

福永 由起子(ふくなが ゆきこ)

専門分野
眼科一般
眼科専門医